【カスタムバイクの売却手順】ノーマル状態に戻した方が高くなる?査定員の本音を暴露

バイク売却のコツ

一般的にノーマル車両ほど高値で査定されるのがバイク買取業界の常識ですが、じっさいはどうなのでしょうか? 「なぜカスタムしてると減額されるの?」「査定前に純正パーツに戻すべき?」 編集部がお世話になってるバイク業界の知人に伺ってきました

編集部の考察

買取店舗や販売店にはそれぞれ得意の車種やジャンルがあり、愛車に合った店舗で査定を受けるのが高額査定の1番のポイントです。 無料の出張査定を上手に活用して最高額をゲットしてみましょう!

とりあえず査定を受けたい買取店一覧

カスタム車よりフルノーマル状態の方が絶対に高値になる!?

もう結果からいってしまえばこの通りです。

売るならノーマル車両の方が評価されます。できればフルノーマルがベスト。分かりやすいように買取ったバイクが最終的に店頭に並んだ光景を思い浮かべて下さい。

例えば同じ年式のホンダのCB400SFのバイクが2台並んでいたとします。極端な例だとしたら、一方の車両には足回りはオーリンズでバッチリ固めちゃって、排気系はヨシムラのサイクロン、でもって制動系はブレンボのキャリパーやらマスターシリンダーなんて豪華にカスタムされたバイク。

でもう一方の車両はもう完全のドノーマル状態。キレイに乗っていた車両とはいえ、タイヤもミラーさえも何もカスタムされていないバイク。

こんなバイクが2台並んでいたら、どちらが先に購入されると思いますか?
そう…十中八九ドノーマル状態の後者のノーマル車両の方がが先に買い手がみつかります。

そりゃあ豪華にカスタムされたバイク、同じ志向のユーザーさんが現れた場合、即決で購入されるケースもありますが、往々にして派手にカスタムされた車両は買い手が見つかりにくいんですよ。

カスタム度が高ければ高いほどターゲットとなるユーザーさんが絞られます。つまり買い手が見つかりにくくなるわけです。

つまりほとんどのユーザーさんは結局はノーマル状態のバイクが好きなんです。だから買取側としても買い手がみつかりやすいノーマル状態のバイクほど高く評価するって仕組みなのです。

派手にカスタムされたバイクは買い手からみれば心配

画像引用:バイクブロス

「なぜ派手にカスタムされたバイクは買い手が見つかりにくいのか?」

こうお考えの方。これには幾つか理由がありますが、大きな理由の1つが購入後のトラブルが心配だから。

やっぱり購入されるユーザーさんから見れば、派手にカスタムされた車両は少々不安を感じちゃうものなんです。
例えばタイヤがノーマルよりもグリップの良いブリジストンのタイヤに変更されている…その程度だったらプラス要素かもしれません。

でも何から何までカスタムされていると、購入後にトラブルとか起こった場合を考えると心配になるわけですよ。
その点、ドノーマル状態であれば無駄に心配しなくて済みますから。

でもって購入後に何らかのトラブルが生じたって販売店でもメーカーでもしっかりと対応してもらえます。
修理不能なんて事態には絶対になりませんからね。おまけに、ゆっくりと自分ごのみにカスタムできるって楽しみも残されている。

バイクは乗る楽しみだけじゃぁありません。そうやってノーマルをちょこちょことカスタムする楽しみも大事な楽しみのひとつですからね。

販売店も派手にカスタムされたバイクは扱いたくないのが本音

レッドバロンの店内

CAM編集長

カスタム車両は不安だって思うのは購入するユーザーさんはもちろん、仲介する中古バイク販売店にとってもリスクが高く敬遠されがちなのです!

実は店頭に並べる販売店の方にとっても不安が残るわけです。いくら中古バイク店はいえ、販売するからには納車のメンテナンスもすれば購入後のサポートもしなくちゃなりません。

例えばレッドバロン辺りでしたら、最近の車両だと6000キロか6ヶ月以内、古いバイクの場合でも1,000キロもしくは1ヶ月以内は保証期間なわけです。
そういった販売後の保証の面でもカスタム車両はノーマル状態のバイクに比べて故障する可能性が高いのは間違いないからね。

なので同じように1台のバイクを販売するならば新車とか、ドノーマル状態のバイクを販売した方が安心できるんです。とくに現在は生産中止のパーツに不具合なんて生じた場合、非常ーに面倒くさい!
ですから販売店によっては、仕入れたカスタム車両をある程度、ノーマル状態に戻してから販売するなんてパターンも少くないんです。

つまりノーマルパーツをわざわざ探してきて最初の状態に戻すわけです。
こんな面からも、販売側としてはドノーマル状態の方がありがいたいって事は分かっていただけますね。

カスタム車は査定前にノーマル状態に戻すべき?

ここまで読み進めていただいた勘の良いユーザーさんならお分かりかと思います。

もしノーマルパーツ・純正部品の類ををしっかりと保管している場合は、査定前日までにしっかりと純正部品に戻せる人は戻す(作業が厳しい人は査定時に一緒にスタッフに提出する)

基本的にカスタム済みの車両が、ドノーマルより高額になるケースは考えにくいといえます。もしあったとしても本当ーにレアケース。

バイク買取店の中にはノーマルパーツに戻さなくともカスタム済みのままでOKなんてセリフもありますが、元バイク買取の査定士の俺からみればそれもとっっても勿体無いこと。

というのも、高額のカスタムパーツも純正部品もすべてコミコミになって買取られてしまうわけです。
これは本当にもったいない事ではないでしょうか。

カスタムパーツは保管して後日ヤフオクで売却がいいのでは?

というのもカスタムパーツの多くはネットオークションなんかに出品すれば予想外に高く落札されたりします。

なので自分で高いお金だして購入したカスタムパーツは、売却せずに後日じっくりとネットオークションでも出品した方がいいと思いますよ。

売却する車両がノーマル状態にさえ戻っていれば、査定額はそれなりに期待できますからね。
せめてカスタムパーツくらいは自分で捌いてお小遣いにでもしましょう。

とはいえそういったネットオークションなんかも無理…面倒くさい…なんて方もいるでしょうね。そういった方の場合、バイクワンのように独自でパーツショップを運営しているバイク買取店を選ぶのも良い選択かもしれませんね。

CAM編集部厳選!! 査定額の高い買取店をチェック

パーツはパーツとして高額で販売できるルートを持っている売却先なら、他店舗よりも多少はカスタムパーツも査定額に上乗せして評価してもらえるはずです。

購入者はノーマル状態が好きなんです…


もう結果からいってしまうとこの一言につきます。

中古バイクを購入する方の大半は、なんだかんだいってもノーマル状態を好むんですよね…やっぱり。

いくらセンス良くカスタムしていても、隣にノーマル状態のバイクがあれば、たいていはそっちを購入するもんなんですね。

稀に車種や希少なカスタムパーツを装着していることが購入の決め手になるなんてケースもあるけど、正直そういったパターンは非常に珍しいケース。

なので結果からいって中古バイク販売店も、カスタム車両よりも、断然ノーマル状態のバイクを入庫したがるってわけですね。

つまり中古バイクの業者オークション相場を考えても、同じ車種、同じ状態のバイクであればカスタム車両よりもノーマル状態のバイクの方が当然ですが高額で取引されるってことです。

カスタム車両の売却はリスクが高い

購入するエンドユーザーからみても、どんな乗られ方をされてきたのか分からないカスタム車両はノーマル状態のバイクを購入することに比べとっても勇気のいることです。

しかしそれ以上に、販売する中古バイク販売店にとってもカスタム車両を売却することはリスクが高いので非常に勇気がいるわけなんです。

というのも中古バイク販売店からみれば、どんなカスタム車両だって自分の店舗で販売する以上は責任もって対応しなくてはいけません。

例えばレッドバロンさんあたりでは中古バイクの保証期間として、最近のバイクなら6ヶ月間か6,000キロ、古いバイクになれば1ヶ月間か1,000キロまで…といった感じで保証するわけです。

ですからカスタム車両を売却してすぐに不具合が生じてしまったら、自腹で修理やパーツ交換しなくちゃなりません。

とくにドノーマルの車両なら、交換するパーツもメーカーから即日対応で入手できますけど、カスタムパーツになるとそう簡単にはいきません。

金額的にも異常に高額な場合もあれば、既に生産中止なんてケースもザラにあるわけです。だから正直なところ「できればドノーマルな車両」を売りたいってのが本音の部分だといえます。

ノーマル状態に戻せる場合は戻して査定が無難

そういった理由で、中古バイク販売店としても度を越したカスタム車両は、基本的に買取しないこともあるし、買取してくれた場合も、そういったリスクを踏まえて残念ながら安い査定額になるのは仕方がありません。

ですのでカスタム車両を売却するときは必ずノーマル状態に戻すってのは基本です。

ノーマルパーツをどこに保管したのか忘れてしまった…なんて方も本気で探して見つけておきましょうね…あるか無いかで数万、いや10万以上も査定額が違ってくるかもしれませんよ(笑)

 

でですね。

ノーマルパーツと交換したカスタムパーツですが、とにかく面倒くさがりって自負している人はもうバイク販売店に持込む時、バイク買取店なら出張査定の時に、バイクと一緒に査定してもらっちゃって下さい。

残念ながら査定のつかないカスタムパーツもあれば、それなりに高額で査定してくれるカスタムパーツもあります。人気や希少性、ブランド名によっていろいろですが、まとめて引き取ってもらえるのは間違いありません。

 

で少しでも高く買取ってもらいたい!かつマメな正確だって自負している人は、もうヤフオクみたいなネットオークションに出品しちゃうのがいいかと思います。
これまた車種やパーツの希少性なんかも関係してきますが、予想外に高く落札されるケースが多いので利用してみる価値は大ありだと思います。

とくに生産中止になった古いカスタムパーツなんかは地道に探している人が日本中にいますので、とりあえず出品してみてはどうでしょう?

とにかくノーマルに近い状態に!

で、何の話だったか分からなくなってきましたが、とにかく少しでも高く売却したいなら、ノーマル状態に近づけてから査定を受けた方が確実に高額査定になるってこと。

そして取り外したカスタムパーツは余裕があればネットオークション、面倒ならバイク買取店に車両と一緒に買取ってもらうのが手っ取り早いということ。

あっちなみに、カスタムパーツも同時に買取してもらう場合、自社でパーツ専門店を構えているバイクワン(パーツ部門はパーツワン)あたりがいいんじゃないでしょうか。

で、純正部品が見つからずノーマル状態に戻せないって場合、レッドバロン等のバイク販売店に持ち込むよりもバイクランドやバイクボーイ等のバイク買取店の方が気持ち高く査定するなあと経験上、感じますね。

やっぱり自分の店舗で販売して後々のメンテナンスまで面倒をみる販売店よりも、買取したら在庫せずに流通させるバイク買取の専門店の方が故障とかのリスクを考えない分、高額で査定できるんでしょうかね…。

まとめ

以上、バイク売却の際に「なぜカスタム車両は査定が下がるのか?」「カスタム車は査定前に純正パーツに戻すべきか?」など伺ってきました。まとめると…

  • カスタム車は買い手がみつかりにくいため評価が下がる
  • 店舗側も故障やパーツ供給の面で不安が残る
  • できるだけフルノーマル状態に近い方が高値が期待できる

となり、査定前に時間の余裕がある人は純正パーツに戻し、社外マフラー等のカスタムパーツはヤフオクやメルカリなど個人売買でさばく。またはパーツ類を評価してくれる店舗を選んで査定を受けるのがおすすめです。

また純正パーツを廃棄してノーマル状態に戻せない場合、減額されるのを覚悟で買取店に査定してもらい、金額によっては個人売買で買い手をみつけることも視野に入れておいた方がよいかもしれませんね。

CAM編集部厳選!! 査定額の高い買取店をチェック

また人気車種の場合、ヤフオクで純正パーツがけっこう流通している上に安価です。コレを活用して査定前にノーマル状態に戻すという裏ワザもありますよ

タイトルとURLをコピーしました